FX情報商材に隠された秘密を暴く!

ビクトリーメソッドアドバンス

私は情報商材について少し詳しいこともあって、初心者のFXトレーダーさんから色々と質問を受けます。

 

そんな時に必ず言うのが「ビクトリーメソッドアドバンスはオススメですよ」。

 

ビクトリーメソッドが販売開始されたのは2006年。
その時からずっとFX情報商材のトップを走ってきた名作です。

 

 

裁量とシステム、どっちがいいの?

よく裁量トレードとシステムトレードのどっちが良いのかが議題に上がります。

 

システムといえば自動売買で、ネット上で無料でダウンロード出来たり、購入したEAを複数稼働して、安定した利益を出していくことを目的とします。そのため、どんな相場にでも対応できるように、様々なロジックを積んだEA群を稼働させなくてはいけません。

 

他にもシグナル配信やシグナルの出るツールを使ったシステムもあります。
これは、シグナルを受け取ったら自分の手でエントリー&エグジットを執行します。

 

システムトレードはルールに従ってトレードする、トレードさせるだけですので、相場を分析する必要もなく非常に楽です。しかし、その一方で調子が悪いときにはシステムが信用できなくなるという大きなデメリットがあるのです。

 

私の経験でも、ドローダウン期に入ると「このシステムはもう使えなくなった」と判断して、そのシステムを除外したところ、その後は爆益になっていた・・・なんて事があります。

 

システムは良いところばかりが強調される傾向にあります。
実は、システムに従い続ける、ということはかなりキツイことでもあるのです。

 

 

その一方で裁量トレードは、トレーダーの考え通りにトレードをしていきます。
もちろん裁量スキルが無いと利益は出せませんが、日々変わりゆく相場に対して、トレーダーがしっかりと相場に対応しながら、それに応じたエントリー&エグジットを出来る、というのは、長い目で見ると一番相場で生き残れるんじゃないかと思うのです。

 

そんな裁量スキルを大幅にアップさせてくれるのがビクトリーメソッドアドバンスです。

 

ビクトリーメソッドアドバンスで裁量レベルをアップ!

ビクトリーメソッドアドバンスは、日足、4時間足、30分足でトレンド方向とサポートとレジスタンスを見極めてエントリーしていきます。

 

もちろん慣れてくれば5分足を執行時間軸にすることも可能ですし、その辺は裁量で何とか出来るでしょう。

 

裁量トレードは、よく曖昧だ、再現性が無い、といわれます。
それは確かに事実です。
しかし、裁量を行使するトレーダーがチャートからしっかりと相場を読み取るスキルさえしっかりしていれば、そのトレーダーがトレードする限りは再現性の高いトレードが出来るのです。

 

そんな裁量を極めるために、VMAでは300本以上のトレード動画が掲載されています。
これらを何度も見返せば、嫌でも相場分析力が身につきます。

 

ビクトリーメソッドアドバンスは安い

ビクトリーメソッドアドバンスは39800円です。
情報商材を購入したことが無い人からすると、高いと思います。

 

ですが、世の中には数十万円もする内容の無いセミナーや数十万円する優位性の無いシグナルツールも売られています。これらの詐欺的な商材を買って遠回りするくらいなら、少し高いホンモノの商材を買う方が良い投資になるのです。

 

ビクトリーメソッドアドバンスのさらに詳しいレビューは以下になります。
⇒ビクトリーメソッドアドバンスのレビューへ