FX情報商材に隠された秘密を暴く!

フェニックス投資法

フェニックス投資法は情報商材の中でもかなりハイレベルかつ質の高い内容となっています。

 

使うテクニカルは目新しいものではありませんが、マルチタイムで相場を監視することで、森を見て木を見る王道的な相場のアプローチとなりますので、非常に強力な武器になると思います。

 

テクニカルですが、一般的にオシレータ系とトレンド系があると言われています。
それぞれ、メリット・デメリットがあります。
トレンド系ですと、レンジ相場には弱いですし、オシレータ系ですと、トレンド相場に弱かったりしますね。
ですので、勝てる裁量トレーダーさんは、この2つのタイプのテクニカルを併用することで、それぞれの強みを生かしてトレードする工夫をしています。

 

この、「フェニックス投資法」も同じように考えて作られています。

 

私の印象では、どちらかというと、トレンド相場ではより利益が出しやすい手法なのかな?と感じています。
分かりやすさで言えば、「ビクトリーメソッド」の上を行っています。

 

【投資スタイル】

 

テクニカル裁量トレードです。
スキャルピング・デイトレードの部類に入ります。
商材のまとめ方も良いので、初心者さんでも理解はしやすいかと思います。
ただ、やはり、裁量トレードですので、あきらめずにしっかりと学んでいこうとする姿勢が必要です。

 

【メリット】

 

非常に質の高い裁量トレードの商材だと思います。
ルールは明確で分かりやすいです。

 

エントリーポイントは押し目買いや戻り売りで、エントリーポイントは明確ですので、裁量トレードを一から学びたい人にとっては、かなり強力な武器になると思います。

 

商材の説明は図を多用してくれているので、分かりやすいですね。
ケーススダディがあるのもうれしいです。
スキャルピング・デイトレを学ぶには、最適かもしれません。

 

【デメリット】

 

裁量トレード商材ですので、個人差が発生します。
どうしても判断に迷う場面も出てくるような気がします。

 

ですので、そういった場面では、失敗の経験や作者さんのサポートが必要かもしれませんね。
あと、エントリーは短い時間足のタイミングですので、瞬発力や素早い判断が必要になります。
レンジ相場では、静観することになる場面も出てきますね。

 

短い時間足を利用する裁量トレードですので、チャートを監視している必要があります。
夜だけのトレードも可能だとは思いますが、やはりチャートを見ていられる時間が多いほうが有利ですね。

 

読んですぐに利益が出せるほど簡単ではありません。
しっかりとデモトレードで練習をして、慣れていく必要があります。