FX情報商材に隠された秘密を暴く!

Black AI ストラテジーFX

MT4専用のサインツールになります。
最近はこの手のツールが非常に多いですね。

 

サインが出れば視覚的にも一発でトレードポイントが明確に分かります。
さらに、過去の検証もやりやすいです。

 

そういった点がトレーダーからの人気が高いのでしょう。
また、販売者からすると、PDFだけの情報商材は「割高なイメージ」をもたれやすいですが、MT4のインジケーターも付属すると、そのイメージはある程度払拭されます。

 

ですから、あまり良い商材ではなかったとしても、クレームが少ないんじゃないか?と勝手に推測しています。

 

Black AI ストラテジーFXについて

Black AI ストラテジーFX(通称ブラスト)は、今流行のAIの技術を用いて作られたサインツール、とのことです。

 

このような説明をされると、インジケーター自体が相場を学習し、その相場に合ったサインを出してくれるもの・・・と考えてしまいがちですが、そうではありません。あくまでもサインはロジック化されただけですので、AIを利用したのはサインのロジックを決める時だけ、と考えるべきです。

 

そんなブラストのチャート画像は以下のようになります。

 

 

シンプル、とは言いがたいチャートです。
サイン以外にも移動平均線やRCIも表示されています。

 

そして気になるエントリーですが、サインを選択する必要があります。
つまり、裁量判断でサインを取捨選択して、良いポイントだけでエントリーしなくてはいけない、と言えます。

 

セールスレターを見るとこの事実は一切書かれていませんので、購入後にびっくり仰天する人も多いのではないかと推測しますし、私自身も驚きました。ですので、ネットでの評判はすこぶる良くはないです。

 

ブラストの精度は?本当に勝てるか?

ブラストには解説書が付いてきます。
しかし、それを読むだけでは上手なサインの取捨選択ができず、苦労すると思います。

 

というのも、サインツールなのに解説が大雑把すぎるからです。
これが残念な点です。

 

しかし、上手に使えば損小利代のトレードが出来る可能性はあります。
特にブラストを検証しているブログでは、長期間にわたって利益を出していることが明らかになっています。

 

⇒Black AI・ストラテジーFXのレビュー&検証記事

 

ブラストはあくまでもトレードを補助するためのツールと考える方が良さそうです。
シグナルに愚直に従うのではなく、その時の相場を見極めて使うものでしょう。

 

これはブラストに限らず他のサイン系の情報商材でも同じです。
サインツールに従い続けられる人は中々いません。
自分なりの使い方を検証して、学んで、実践できるようにならないといけないのです。